プロフィール

あんぱぱ

Author:あんぱぱ
あんず♀?…
誕生日:H06.3.12

↓パクリ

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
ご報告です
ご報告が遅くなりまして、
申し訳ございませんでした。

あんずを飼っていけなくなるにあたり、
皆様から、いろいろご支援をいただきました。

ほんとにありがとうございました。



あんずは今夜、

この家を旅立ちます。


まだ生後9ヶ月、
1年も満たないわが子を、
まだまだこれからどんな成長をするか楽しみで楽しみで・・・。

ですが、その楽しみを里親さんに託すことになりました。

あんずを幸せにしていただけるとこはもちろんのこと、
自分の想いも継いでいただきたい。

そう思い、始めた里親さん探し。
1件決まりかけたあとのキャンセル。

正直ほっとしました。


まだ、あんずといっしょにいられる。

その思いが強い一方で、
また次を探さなければいけない寂しさ。

心の中では、里親さんなんか見つからなければいい・・・

そう考える日々。


しかし、現実には全てを捨ててあんずをとることなんてできないのは解っています。

少しでも、条件のいい里親さんを。
そう願う毎日でした。
自分ではなかなか動けず、
たくさんの人たちにご協力いただきました。

ドッグカーニバルで知り合った、きららちゃんパパさんママさん。
同じく恋ちゃんパパさんママさん。
あんずの兄弟、どんべぇくんのおとうさん、おかあさん・・・

このブログを読んでくださってるsisiさん、バニバニさん、ブイままさん・・・

たくさんの方たちにお世話になりながら、
すばらしい里親さんにめぐり合うことができました。

ほんとにありがとう!

短いお付き合いの中で、こんなにも大きい支援をいただいて、
自分もなんとかあんずを里親さんに託す決心ができました。

味気ない、なんの技もないブログでしたが、

やっててよかった。

愛犬家さんたちのやさしさが、痛いほど身にしみました。
どんなにお礼を言っても言い切れません。

自分は、これでわんこオーナーでなくなってしまいます。
一番残念なことは、この目で成長を見続けていけないことと、
この手で抱きしめてあげられないことです。

あんずは、自分を親だと思ってくれています。
だから、たとえ離れて暮らしても、
自分はあんずの親であり続けようと思います。

あんぱぱ。

この名前は捨てません。
そして、この『あんずのしっぽ』を
更新していきます。

どうか、自分といっしょにこのブログであんずの成長を見守ってやってください。

今夜、家族の想いと、自分の想いと、
見守ってくださった皆様の想いを、

里親さんに送り届けてきます。



あんず・・・
至らない親でごめんね。
あっちで幸せに暮らすんだよ・・・



IMG_1337.jpg

スポンサーサイト


2006.12.15 Fri | 未分類 | T:0 | C:4
コメント
あんぱぱさんにとって、
あんずちゃんにとって、
とても寂しい結果になりましたが、
あんずちゃんはあんぱぱさんの元で
とても良い子に育てて貰えて幸せだったと思います。
あんずちゃんは、あんぱぱさん達を自分の家族だとずっと思い続けることでしょう・・・。
離れて暮らす事になったけど、これからもずっとあんずちゃんの事を愛し続けてあげてくださいね!
優しい里親さんが見つかって、本当に良かったです。
きっと、これからもあんずちゃんは元気に幸せに暮らせると思います・・・。
あんぱぱさん!
これからも頑張ってくださいね!!
2006-12-16 土 04:12:48 | URL | sisi #HLTR09HY [ 編集]
数回しか会ってないけど・・・
このさき会えるか分からないけど・・・
短くも楽しい時間過ごせました!

あんずちゃんの元気で幸せな姿や
成長して行く姿を見に来ますので
ブログの更新よろぴく~!

何はともあれ、あんぱぱ家族も
あんずちゃんも共にお幸せに・・・(-人-)
2006-12-16 土 22:51:58 | URL | 恋太 #wcLa4Nq. [ 編集]

sisiさん★
sisiさんにすばらしい里親さんとの架け橋をしていただいたこと、
ほんとうれしく思います。
励みになるお言葉も、
ほんとありがとうございます。
sisiさんと獅子丸くんが、これからも幸せに暮らせますように。
2006-12-18 月 16:37:29 | URL | あんぱぱ #- [ 編集]

恋ちゃんぱぱさん★
その数回が、数十年くらいのお付き合いのように、恋ぱぱさん恋ままさんにもお世話になりました。
あんずはもう恋ちゃんに追い掛け回されることはないですが、
あの日の光景を自分は忘れません。
もしかしたら、何かの縁で、恋ちゃんとあんずの再会があるかもしれません。
もし、ありましたら一報くださいね。
恋ちゃんファミリーがずっと幸せでありますように!
2006-12-18 月 16:41:25 | URL | あんぱぱ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。